ここでは保護について解説します。

なぜ保護が必要なのか

シングルプレイとマルチプレイの最大の違いは自分以外にもプレイヤーがいることです。サーバーでは日々多くのプレイヤーが出入りしていて、どういうプレイヤーが来たのかは実際に行動を起こすまでわかりません。チーターや荒らしのような悪質なプレイヤーがあなたの建築物を壊したり、アイテムを盗んでいくかもしれません。残念なことに、現実世界でなければ何をしてもかまわないという自己中心的なプレイヤーは数多く存在します。そんなプレイヤーから身を守るために必要なのが保護です。保護は自分だけの区画を作ることでシングルプレイのような安全で快適な空間を生み出します。必ず保護をかけてから建築しましょう

保護の確認方法

保護は、ほかの保護と重ねることができません。必ず空き地を探して保護してください。空き地を探すためには木の棒を使います。右クリックしたブロックが保護されているか確認することができます。これは自分の保護の形がわからなくなった時にも使うので覚えておいてください。

①木の棒でブロックを右クリックします。

②保護の情報が表示されます。
(誰も保護していなければ「No one has claimed this block.」と表示されます)

保護のかけ方

いよいよ保護のかけ方です。保護は他の保護と重ねることができません。必ず、これから保護しようとする土地に他の保護がないことを確認してください。また、今後の拡張を見据えて広い空き地を選ぶとよいでしょう。

①保護したい範囲の角を金シャベルで右クリックします。
(最初に右クリックした場所がダイヤブロックになります)

②最初に右クリックした場所の対角を金シャベルで右クリックします。
(赤い斜線の部分が岩盤から建築高度限界まで保護されます)

これで保護完了です。

保護サイズの変え方

保護の大きさを間違えた時は簡単に直すことができます。

①保護の角を金シャベルで右クリックします。

②角の位置を移動したい場所を金シャベルで右クリックします。

これで保護サイズが変わりました。

保護の外し方

いらなくなった保護を消す方法です。

①コマンド/unclaimを実行します。
(1つの保護だけを消すときは保護の中で実行してください。保護の外で実行するとすべての保護が消えます)

これで保護を外すことができます。

保護の共有・解除方法

仲良くなったプレイヤーに建築を許可(共有)したい、ドア類の操作だけ許可したい、チェストだけ許可したい、またはそれらを解除したい、そんなときの操作です。

①対象の保護の中に立ち、以下のコマンドのいずれかを実行します。

・ドア、ボタン類などの許可 /at [player]

・チャスト、かまどなどの使用許可 /ct [player]

・建築、チェストの操作、ドア、ボタン類などの許可 /trust [player]

・保護に関するすべての許可 /pt [player]

・上記の共有全てを解除 /untrust [player]

※trustは信頼できるプレイヤーに保護を共有するときよく使われます。

ptは保護の共有の設定が可能で、乗っ取られる危険があるのでなるべく使わないでください

※/trustlistで共有してる人を確認できます。

※[player]の部分にpublicを入れるとすべてのプレイヤーに適用できます。

保護の詳細情報

どこにどのくらいのサイズの保護を作ったか、今どのくらいの大きさの保護が作れるのかを確認する方法です。

①コマンド/claimlist を実行します。

黄色い文字で表示されたものが保護の詳細情報です。

一番上の段から

[プレイによって得た保護ブロック数]+[ボーナスによって得た保護ブロック数]=[トータル保護ブロック数]

[保護のあるワールド名]:X,Z(使用した保護ブロック数)

=[上の保護ブロックを引いて残ってる保護ブロック数]

という意味になっています。GriefPreventionでは保護できるマス目のことを保護ブロックと呼びます。アジ鯖では、保護ブロック1つで岩盤から上空の建築限界高度まで保護することができます。保護ブロックはプレイ時間に応じて増えていきます。

カテゴリー: ガイド